プロフィール

musashiwind1996

Author:musashiwind1996
【活動内容】

◆練習日
 ・毎週金曜日
 ・19:30~21:30

◆場所
 ・武蔵町セントラルホール


【楽団の紹介】 

ご訪問、ありがとうございます。
1996年4月、武蔵町を中心に国東町、安岐町、杵築市、日出町から、とにかく音楽が好きなメンバーが集まり、吹奏楽グループ「むさしブラスアンサンブル」を結成しました。

2001年に正式楽団名を「むさしウインドハーモニー」とし「おいで祭り」や「むさしカルティバル」をはじめ、各種イベントでの演奏も行なっています。

2012年5月には、TBSのバラエティー番組「もてもてナインティナイン・国東の花嫁 お見合い大作戦」のイベントとして、大分空港にて花嫁歓迎のオープニング・セレモニーにも参加しました。

皆さまのご支援のおかげで、昨年(2016年)には結成20周年を迎えることができました。これからもこの国東の地に根差した楽団であり続けたいとの思いで、日々練習を重ねております。

現在、メンバーは40名、年齢層も10代から70代と厚く、職業も様々です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


訪問ありがとうございます


今年のコンサートに向けて、準備を開始しています。

曲目順も決まり、次回から通し練習が始まります。
テンポの速い曲とゆったりした曲、演歌ありニューミュジックありで、
完成にはまだ時間が必要ですが、みな頑張っています。

ポスターが出来次第、地元を中心に掲示させていただきますので、
お目にとまりましたら、応援をよろしくお願いいたします。

   * * * * * * * * *

私達の楽団は、県内にある指折りの楽団のように、上手な楽団とは
お世辞にも言えませんが、誰よりも音楽(楽器)が好きで、
「みんなと一緒に演奏するのが好き!」というメンバー達が
集まっていて、チームワークが原動力になっています。

指導者からは時には厳しく、時にはなだめられ、ユーモアと笑いを
交えた指導を受けながら、少しずつですが前に進もうとしています。

週に1回の練習を楽しみ、時間を共有しているという実感を、
コンサート会場でも皆さんと一緒に楽しみたいと思っています。

これからもブログともども、よろしくお願い致します。
スポンサーサイト
続いてのパートは「バスクラリネット」です。

バスクラリネット(写真はYAMAHAカタログより) 


現在のメンバーは1名、ダンディーで実力派のおじ様です。

このパートは、「バスクラ」と呼ばれ、得意とする音域は
クラリネットの1オクターブ下あたりです。  

おなじみのクラリネットと比べると、全長が2倍くらい長く、
ベルの部分が折り返し、上向きになっているのが特徴です。 

   
 

バスクラが1本入るだけで、驚くほど、ぐっと厚みの増した、
いいサウンドが広がります。
現在、金管楽器のホルンパートが居ないため、
今回から木管メンバーの楽器を紹介します。

最初はクラリネットです。
 (写真はYAMAHAカタログより)
               クラリネット
現在登録メンバーは10名、3月まで男性が2名でしたが、
うち1名が引越し退団となりましたので、現在はナイスな
おじ様と美女軍団との「ハーレム状態」となっています。

パートを呼ぶ時には「クラ・ファースト、クラ2nd、クラ3rd」と
呼んでいます。

クラリネットは、たて笛をイメージしていただけるとわかりやすい
と思います。

木製の筒の部分(ボア)に穴が空いていて、その開閉やキーの
操作で音階を変化させます。息を吹き込む部分に、リードと呼ばれる
葦を薄く加工した部材を取り付け、その振動で音を出します。

屋外で演奏する場合、木製の部分が割れることもあるので、
温度変化に対して、メンバーはとても気を遣っています。

 

柔らかい音だけでなく、引き締まった音まで自在です。
「クラリネットをこわしちゃった」という曲を、一度は耳にした
ことがあると思います。

個人的には、ルロイ・アンダーソンの「クラリネット・キャンディ」が
大好きです。
今晩「もてもてナインティナイン国東の花嫁」完結編が放送されました。
我々の映像が再び!と少しだけ期待して見てみましたが、スルーされ、残念!

ところで、「史上最大の大失態!」と予告にありましたので、何?!と勝手に予測。
 ・・・他の男性が、自分の意中の人に告白!「ちょっと待った!」を逃したのでは?
と読んでいましたが、大ハズレ!でした。

ですが、全国放送でこれだけ国東が取り上げられましたので、少し認知度が
高まったかも知れませんね。   ※「国東」は「くにさき」と読みます。

ところで地名の読み方について、笑い話のようですが、以前ショップの店員さんに、
大分・・・「だいぶん」、国東・・・「こくとう」と読まれた記憶があります。

ですが大分、国東はまだまだ序の口で、ほかに珍しい読みをするものが
かなりあります。少しですが読み方の一例をご紹介します。

 ・日出  (城下かれいで有名な地) 答:ひじ
 ・鉄輪  (別府八湯のひとつ)    答:かんなわ
 ・火売  (別府市内、鉄輪の近く)  答:ほのめ
 ・小鹿田 (日田市内、刷毛目模様の焼き物でも有名) 答:おんた
これなど、極めつけですが、
 ・安心院 (ぶどう、スッポンが有名) 答:あじむ

どうでしょうか、いくつ読めましたか?

メンバーの金管楽器パートの中で、最後にご紹介するのは、
一番大きな楽器、チューバです。

(写真はYAMAHAカタログより)

形はユーフォニウムにそっくりですが、並べてみると
縦・横それぞれ2倍位あり、とても大きな楽器です。

音階を変える方式はピストン式、ロータリー式があります。
楽譜でのパート表記は「Tuba」で、管を表す「Tube」から
派生しているかも知れません。

その大きさから、低音を受け持つパートです。
「ぞうさんの歌」を吹くと、なぜかピッタリはまります。

吹くときは、楽器をかかえて両膝で支えたり、上の写真に
あるスタンドで保持します。重さは10キロ位あるそうです。

パートを呼ぶときは、「チューバ」のほかに「バス」と
言うこともあります。

  

現在のパートは1名。わが団長の担当楽器です。

※参考までですが、チューバの音域に近い楽器に
 「スーザホーン」がありますね。

 マーチングや高校野球の応援団で、楽器を身体に
 巻きつけるように抱え、頭の上の方から大きな白い
 ベル(朝顔)を持つ楽器を見かけたことがあると
 思います。

 こちらは、立った姿勢や歩きながら演奏するために、
 一部樹脂などの部品を使って軽量化された楽器で、
 チューバとは区別されます。

次にご紹介するメンバー楽器は、ユーフォニウムです。

音域はトロンボーンに近く、その音色は「人の声に一番近い楽器」
とも言われ、とても柔らかい音が出ます。

ユーフォニウム (画像:wikipediaより)

音階はトランペットと同じく、3つのバルブを押す組み合わせで
変化します。マウスピース(口を当てる部分)はトロンボーンと
共用できるようです。

大きさ、吹く姿勢は「小さな子供をだっこしている」ような感じでしょうか。

そのパートは「ユーフォ」と呼ばれますが、初めて耳にする方には
「UFO?・何?」と思われるかも知れません。

ユーフォニウムの語源はギリシャ語で 「eu(良い)」 「phone(響き)」 に
由来しているそうです。

楽譜のパート譜が 「Euph」と書かれていることも納得できます。

個人的にも、とても好きな楽器です。


   
 
現在、このパートは、実力派2名(男・女)が担当しています。

6月19日、今週の火曜日に、「もてもてナインティナイン国東の花嫁」
の放送がありました。


5月26日・27日の2日間、国東市に住む独身男性28人と
全国から集まった女性46人との「お見合い大作戦」です。

その初日に大分空港では歓迎セレモニーが行なわれ、
私達のメンバーもウェルカム演奏に参加しました。


楽器2  

楽器3

放送では予想通り、3秒ほど!、おじ様を中心に私達の
演奏風景が流れていました。

なお今週の放送では、14組のカップル誕生!となりましたが、
「史上最大の大失態!」とはいったい何だったのでしょうか?

続きとして、来週の26日の放送でその全貌が明らかにされます。
乞うご期待!!
次にご紹介するのは「トロンボーン」です

トロンボーン1 

現在は5人がこの楽器を担当しています。
パートを呼ぶ際には「ボーン」や「ボントロ」と言われています。
楽譜のパート譜には「Tb」と書かれています。

Uの字をしたスライドという管を、伸ばしたり縮めたりして音階を変えるので、
他の楽器のように押さえて音階を決める楽器と異なり、最初は難しく感じる
かも知れません。
       トロンボーン2 
前にも書きましたが、メンバーの中にホルンパートがいないため、
ボーンのうちの一人がホルンパートを吹いてくれています。

現在の5人全員が男性で、20代のイケメンから60代のダンディーな
おじ様まで幅広く、努力家ぞろいです。

今日から少しずつ、私達のメンバー楽器の紹介をしていきたいと思います。

まず最初にご紹介するのは「トランペット」です。(写真はフリー素材より)
私達の楽団では5人がこの楽器を担当しています。
パートを呼ぶ際には、「ペット」などと言うことも多いと思います。

                  

トランペットといえば、吹奏楽の花形楽器です。学校の部活動に入る
きっかけとして、この楽器を吹きたいので入部した、という方もたぶん
多くいると思います。(実際、私も一番最初はこの楽器に憧れました)

楽譜のパート譜では「Tp」と書かれています。

楽器の色ですが、お馴染みの金色だけでなく銀色とがあります。
金管楽器という表現がピッタリきますね。ほかにもピンク色に近いものもあります。    
 
音階を変えるバルブですが、上の写真のように3つあり、
よく見る上のタイプが「ピストン式」というタイプです。

もうひとつが「ロータリー式」で、このような形です。(写真:Wikipediaより)


このタイプは、年末のベートベン第九交響曲などでも
よく見るタイプですね。音色はピストン式に比べると
強弱の表現が幅広く、とても柔らかい音も得意ですが、
「ぶわーん!」という破裂音に近い大きな音も印象的です。

ところで、私達の楽団では、前々回の練習から新人が一人
参加してくれています。

今年のコンサート日程についてお知らせします。

-----------------------------------------------------------
 ♪♪ 日時:8月19日(日) ♪♪

  13:00開場  13:30開演

 ♪♪ 場所:武蔵町「セントラルホール」 ♪♪

 ♪♪ 入場無料 ♪♪
-----------------------------------------------------------

です。

色々な年代の方々に楽しんでいただけるよう、
選曲には例年以上に力を入れています。

ぜひ親しい方ともお誘い合わせのうえ、足を運んでください。

団員一同、皆様のお越しを心よりお待ちしております。
♪♪練習日と練習場所♪♪

 ・毎週金曜日 19:30~21:30
 ・武蔵町「セントラルホール」


♪♪練習の流れについて♪♪

 ・19:30~20:00 音出し、パート練習

 ・20:00~20:30 合わせ練習

 ・20:30~20:45 連絡事項

 ・20:45~21:30 通し練習


♪♪現在、不足しているパート(楽器)♪♪

 ・ホルン・・・楽器、メンバーともにいないので、入団を心待ちにしています。

 ※では、どう対応しているか?ですが、トロンボーンパートが
   リリーフとして担当しています。

昨年の11月20日に武蔵町の農村公園で開催された
「おいで祭り」の様子です。


おいで祭りは、秋の収穫祭のような催しで、農産物や加工品の販売、
地域に古くから伝わる伝統芸能、カラオケ大会などがあり、私達も
毎年、このお祭りに参加させていただいています。

写真では立派な屋根があるようにも見えますが、ほぼ青天井と
言っていいくらいの屋外ステージです。

11月後半ですので風の強い日が多く、この日もかなり強めの
西風が吹く中、譜面台が倒れるのを心配しながらの演奏でした。

  
 

【演奏曲目】
 ・ジュピター
 ・川の流れのように
 ・アンパンマンのマーチ
 ・宇宙戦艦ヤマト
 ・サザエさんアラカルト  (出演:34名)

続いて、昨年のコンサートの曲目をご紹介します。 
                                            
                  
 
                

そして本番の演奏風景です。
      
 
      

現在の登録メンバー構成
  ピッコロ:1 フルート:4 クラリネット:10 バスクラ:1 トランペット:5 
  アルトサックス:4 テナーサックス:2  トロンボーン:5 
  ユーフォニウム:2 チューバ:1 ベース:1 パーカッション:4 指導者:1 (計41名)

なお、吹奏楽の経験者、初心者を問わず、見学大歓迎ですので気軽にお立ち寄りください。

                   

先週の土曜日の空港行事に合わせてブログをスタートしましたので、
記事はこれから増やしていきます。よろしくお願いします。

私達は毎年のコンサートに向けて練習に取組んでおり、今年も8月に開催を
予定しています。 それでは昨年のコンサートの模様からご紹介します。

まずはリハーサル風景です。

 
                       


続いて会場について少し紹介します。

ここが私達の活動拠点であり、コンサート会場でもある武蔵町「セントラルホール」です。
客席数は500名規模で、練習は毎週金曜日(19:30~21:30)に行なっています。


         
 
入口に立て看板、受付に配布用のプログラムも準備できました。
あとは、お客様の入場を待つのみとなりました。
                    
   
                          

 | BLOG TOP |