プロフィール

musashiwind1996

Author:musashiwind1996
【活動内容】

◆練習日
 ・毎週金曜日
 ・19:30~21:30

◆場所
 ・武蔵町セントラルホール


【楽団の紹介】 

ご訪問、ありがとうございます。
1996年4月、武蔵町を中心に国東町、安岐町、杵築市、日出町から、とにかく音楽が好きなメンバーが集まり、吹奏楽グループ「むさしブラスアンサンブル」を結成しました。

2001年に正式楽団名を「むさしウインドハーモニー」とし「おいで祭り」や「むさしカルティバル」をはじめ、各種イベントでの演奏も行なっています。

2012年5月には、TBSのバラエティー番組「もてもてナインティナイン・国東の花嫁 お見合い大作戦」のイベントとして、大分空港にて花嫁歓迎のオープニング・セレモニーにも参加しました。

皆さまのご支援のおかげで、昨年(2016年)には結成20周年を迎えることができました。これからもこの国東の地に根差した楽団であり続けたいとの思いで、日々練習を重ねております。

現在、メンバーは40名、年齢層も10代から70代と厚く、職業も様々です。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


訪問ありがとうございます


  今年の「おいで祭り」は11月17日(日)です。  

私たちの出番は最初の方なので、メンバーは9:00集合です。
会場は、いつもの武蔵町健康福祉センターです。

演奏曲目は
 ・あまちゃんオープニングテーマ
 ・ど演歌コレクション
 ・アンパンマンのアーチ
 ・オリーブの首飾り    の予定です。


IMG_9081.jpg

IMG_9082.jpg

IMG_9083.jpg


winds scoreの楽譜を使っている曲は、試聴ができますので、
以下のURLで聴いてみてください。

あまちゃんオープニングテーマ
http://brass.winds-score.com/?pid=57924243

ど演歌コレクション
http://brass.winds-score.com/?pid=33647160



スポンサーサイト
練習の合間のティーブレイクですが、色々な土地のお土産が登場します。

    

こちらは熊本のお土産、黒糖ドーナツ棒!
見た目には黒糖をまぶした「黒棒」のような雰囲気ですが、
食感はまさしくドーナツです

IMG_9005.jpg


そしてこちらが、もっと白くま!
ブルーベリーの風味がひろがるクッキーで、鹿児島のお土産です。
素朴な疑問ですが、なぜ鹿児島なのでしょうか??? 
白くまアイスは鹿児島生まれだったような?

IMG_9084.jpg

北海道で、さつまいものお菓子が作られているような、
なんとなくアンマッチな感じがしておもしろいですね。


吹奏楽でオケの曲を演奏することがあります。

その際、オケと吹奏楽で共通のパートはそのままとなる
のでしょうが、本数が違うようですね。

木管楽器のクラですが、オケでは3本から多くて4本。
フルート、ピッコロでは、フルート2、ピッコロ1。

そして金管ではトランペットがオケで3本、トロンボーンも
音域別にそれぞれ1本で計3本ほどです。場合によっては登場
しないこともありますね。

そのような中で、吹奏楽にあってオケではまず見ることが無いのは
サックスでしょう。

たとえば交響曲が作られた時期と、楽器の存在が決め手となるのでしょう。

比較的新しいサックスなどは交響曲の時代には存在しなかったから
と考えるのが自然でしょうね。

ところが、このサックス、弦楽器のパートをカバーするのが
定番のようですね。アルサクならビオラ、テナーならチェロ、
バリサクならコントラバスのように。

もっとも、コンバスは吹奏楽にもありますが。



プロの演奏を見ていて、いつも思うことですが、リサイタルの場合には
楽譜を見ずに演奏することが多いように感じます。

リサイタルですから、自分自身の表現力で全てを演出しているからでしょうか。

『ではオーケストラの場合は・・・。』

オーケストラでは全員が全員、譜面と指揮者を見ながら演奏していますね。

この違いはどこにあるのでしょうか?

 ①オーケストラでは常に指揮者の表現通りに演奏しなければならない。
  なので、メモも記入しているであろう譜面を見ることが必須となる。

 ②プロのオケは絶対に間違うことができない、暗譜は当然できているが、
  ある意味、間違うことは許されず、お守り代わりに譜面を準備している。

では、私達の普段の練習ではどうでしょうか?

当然アマチュアですから、ある意味「みんなで渡れば怖くない」的な
ズルイところがありますね。

また、特に初見ですと楽譜に釘付けになる場面が多いですね。

ジャズの世界では、もともと譜面が読めない人達の演奏、という歴史から、
そもそも譜面を見て演奏する文化がない、もしくは譜面はあくまでも
演奏の一例であるので絶対的なものではない、つまり見ても見なくても一緒、
ということなのでしょうか。

指導者の先生から『譜面ばかり見ないで、こちらを見るように!』と
時々注意されますが、そう言われても指揮を見ないのは、よほどいい度胸した
大物なのか、もしくはリサイタルモード真っ最中だからでしょうか。

先の金曜日の練習で、団長から新曲候補が発表されました。

IMG_9008.jpg

11月に武蔵町で開かれる「おいで祭り」では、
 ・アンパンマンのマーチ
 ・ど演歌コレクション
 ・あまちゃん

の3曲を予定しています。


そして来年の話をすると鬼に笑われますが、
アンケートで希望が多かったということになっている(真相は不明!?)
懐メロ曲から、いくつか選ぼうという流れになっています。

IMG_9006.jpg

その曲は

 ・日本の情景(夏)
 ・北島三郎、演歌集
 ・服部良一メドレー

この3曲が相談曲として挙がっています。

「相談曲」となっているのは、来週の練習までに、この懐メロの曲ばかりで
決定して良いかどうか、考えてくることになっているからです。

あまり古い曲ばかり選んでしまうと、老人クラブの合奏団のようで、
幅広い年代層を売りにしている楽団のイメージとかけ離れてしまう
からでしょうか・・・???



 | BLOG TOP |